山光の日記

おりこうさんな事はFBに心の声はこちらに

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
twitter です
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 平成最後のクリスマスライブ | main | 11月10日 >>
枯木の塔を考える会

少子高齢化が進む中、自分の住んでいる町も小中学生の減少

20代、30代住人の激減、高齢者夫婦のみの住居

独居老人の存在、自治会もそれを認識して上で「どうにかしなくてはいけない」

と考える人は先々の危機感を抱く

でも

「いつか誰かが」「今はしなくても」「私達には関係ない」

その無関心論を打破する為の、明日の枯木塔を考えようと言う

集会も今回で何回目?、

以前「組長」をやった事あるので、考える会に選ばれている訳ですが

いくら「熱ぽく論議」して、色んな案件を決めても

考える会の「問題視感」も、ここに参加していない世帯の方の「無関心感」に軍配が

あがり、結局は元の木阿弥になってしまいそうな……

公民館建設の為の世帯からの金額の拠出と言う話には尚更そんな風

私的には必要なら少しぐらいの出費はしかた無いと思うのですが

みんな以外と切羽詰まっているんだなあと、思ってしまう

1000円くらいすぐに使ってしまうじゃないですか

ってなかなか言えない

そんなもんでしょうか?

なんで一部の人がこんな面倒な問題を考えなくてはならないのか

この後の委任状だらけの「班長会」を見ただけでも、

無駄な時間な様な気がしてならない、みんな少しは真剣に考えましょう

誰かがやらなくてはならない事なんですから

でも、ひとつ良い案が決まったので嬉しいです(^^♪

 

| - | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://yamamitsu.studioinput.com/trackback/1025419
このページの先頭へ